« 次の予定 | トップページ | 第52回夏の鶴沼ウルトラマラソン大会 »

パソコン修理顛末記

先日、帰宅ランの途中に家から「パソコンの調子が悪い」という連絡が入りました。
最近、あまり調子がよくなかったし、いつものとおり何回か電源のオン/オフをすれば何とかなるだろう、とたかをくくっていましたが、帰ってみてびっくり、電源を入れてもWindows画面まで行き着きません。

ためしにSafeモードで起動しようとしても「system32/config」がどうたら、とメッセージが出てダメ。

ただ、CD-ROM起動してコンソールから見てみるとハードディスクの中身は何とか見える感じ。
おそらくOSの修復セットアップで何とかなるんだろう、と思ったんですが、ここ最近調子が悪いのも事実、ハードディスクの中身が見えているうちに、いっそのことハードディスクの換装をしてしまおうと考えました。

翌日、ちょうど一日だけの夏休みを取っていましたので、昼過ぎから池袋のビックカメラへ。
U-ATAのIDEハードディスク、160GBと350GB、2本で17,000円くらい。毎回ハードディスクを買うたびに思いますが、安くなったものです。

Img_4635 Img_4636

帰ってから、今までの起動ドライブのハードディスクをスレーブにして、新しいハードディスクをマスターに。OSをクリーンインストールします。
このまま新環境を構築するのは気が遠くなりそうだったので、前のハードディスクのデータを新しいハードディスクに「xcopy /E /C /F /H /R /K /O /X /Y」で一気に全コピー。
なんとこれがまる12時間かかってしまいました…。

ようやくコピーが終了したのが翌朝7時。
出勤前に起動テストと思ったら、これが起動しない...。
おそらくシステムファイルを変なふうに上書きしてしまったのでしょう。これが長い戦いの始まりでした。

OSの修復セットアップなどを繰り返して、何とか起動できるようになったのが先週の土曜日。
インターネット、メールが何とかできるようになったのが日曜日。

その後も
・増設したハードディスクが見えない
・増設したハードディスクが120GBしか見えない
・ウィルスバスターがインストールできない
・Windows Updateがスタートしない
・あのソフトがはいらない、このソフトが動かない…
などのトラブルが続出、ようやく形になったのは昨日のことでした。

Img_4638

自分ではシンプルに使っていると思っていたけど、知らず知らずいろんな設定やソフトが溜まってしまうものです。
まぁ必要なデータも全部移行できましたし、この機会にいろいろなソフトもバージョンアップできました。怪我の功名と言うところでしょうか。

まだ、
・iTunesが動かない
などの問題点はありますが、もう少しで元通りになりそうです。

|

« 次の予定 | トップページ | 第52回夏の鶴沼ウルトラマラソン大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコン修理顛末記:

« 次の予定 | トップページ | 第52回夏の鶴沼ウルトラマラソン大会 »