« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »

海堂尊

言わずと知れた「チーム・バチスタの栄光」の作者です。
ご多分に漏れず私もハマりまして...。

「チーム・バチスタの栄光」の次に出た「ナイチンゲールの沈黙」はちょっと期待はずれ感がありました。
あちこちのネットでも「推理小説っぽくない」「SFみたい」などと言った書評があったようですが、自分が思ったのはそうではなく(まぁそう言う面も確かにありましたが)、「あちこちにある伏線らしきものが回収できてないじゃん」と思ったわけです。

で、今度出た「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んでみまして。
なんと「ナイチンゲールの沈黙」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」は同時進行の話でした!。
もともとひとつの話だったのを二つに分けたとか。
これで「ナイチンゲールの沈黙」だけでは不明瞭だった部分に納得がいきました。

続きを読む "海堂尊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけまして...

と言うにはかなり時間が経ってしまいました。

実はつくばの翌日から37~38度の熱が出てしまいまして...
咳も続くので当初は風邪と思って市販薬を飲んでいたのですが、あまりにも長く続きすぎる。
解熱鎮痛薬を飲んでも、そのときは熱が下がるものの薬が切れれば元通り。
意を決してあまり行かない医者にもかかってみたんですが、

・レントゲン⇒異常なし
・血液検査⇒CRP値(炎症反応?)のみ異常
・所見⇒のどは少し赤くなっている程度

と言うことで、医者も「何でしょうねぇ...」と言う感じ。

結局この熱が年明けまで続き、平熱に落ち着いたのは1月3日のこと。

続きを読む "あけまして..."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »